イラストレーターのアトリエノート

イラストレーター城谷俊也のブログ。水彩画イラストで描いた作品や仕事実績をご紹介!

手作りサイトでアートグッズを売ってみる

■クリーマ(Creema)に出展していますマーケットスペース・クリーマ(Creema)に出展しているこちらのイラストカレンダー。『2016年キカイ魚ポスターカレンダー』と題してその他数種類のカレンダーとともに販売をしております。最初こちらのサイトに登録したおりは、全てイラスト原画を出展していました。しかし悲しいことに、かなり価格を抑えて出展しているにも関わらず、数ヶ月たっても全く買い手が付きませんでした。やはり絵を...
0

『水彩ぬりえ』って、なに?

■『水彩ぬりえ』の教材来る12月23日のよみうりカルチャー公開講座に向けての教材を準備中です。細かく行程順に写真を交えて解説しています。講座内での実演にくわえ、教材でも描き方が確認出来るように工夫しました。■ちまたで流行の『大人のぬり絵』?『大人の塗り絵』は大人気で、書店などには特設コーナーなど儲けられるほどです。色鉛筆はとても身近な画材で、どなたでもすぐにはじめられることも、人気の要因だと思います...
0

水彩画を美しく描くコツ

■水彩画を美しく描くコツ。それは、ズバリ!!『キレイに、にじませる』ことだと思います。透明水彩画の水彩らしさというのは、水で淡く溶いた絵の具が生み出す独特の質感です。こってりと塗り重ねて行く、不透明な絵の具=ガッシュや油絵の具にはない、水の流れと絵の具の粒子が生み出すシミのような模様や、うっすらぼやけた自然なグラデーション(=色の階調)この美しさが透明水彩画の一番の魅力だと思います。この質感は、花...
0

『水彩ぬりえで作るはがき絵』公開講座のお知らせ

この度、よみうりカルチャー昭和記念公園教室で『水彩ぬりえで作るはがき絵』公開教室を開講することになりました。 水彩絵の具を使ったぬりえではがき絵を描く講座です。あらかじめ水彩紙に刷り込まれた下絵に絵の具をにじませながらぬりえのように仕上げていくと初心者の方でも簡単にやわらかく美しい風合いの水彩画が描けます。年賀状にも使える椿や梅を題材に美しく仕上げていく一日限りの公開教室です。どうぞお気軽にご参加...
0

『キカイ魚博覧会』無事終了致しました。

■『キカイ魚博覧会』開催去る5月2日土曜日、『下北沢・占いの家』で行われた占いとアートのコラボイベント『キカイ魚展覧会』は好天にも恵まれ沢山の方々のご来場を頂きました。心よりお礼申し上げます。こちらは、その時の看板。『あ根子』先生のタロット占いと共催で行われました。占いと水彩画で、何の脈絡があるのかと突っ込まれると痛いのですがま、幅広くいろんな方々に楽しんで頂ければ幸いかと企画致しました。私の描く...
0
このカテゴリーに該当する記事はありません。