イラストレーターのアトリエノート

イラストレーター城谷俊也のブログ。水彩画イラストで描いた作品や仕事実績をご紹介!

パソコンを使った手作業ということ〜イラストの制作工程〜

技術評論ウミスズメ


■見本誌が届きました
先だって入稿したイラストの見本誌を頂きました。
ウミスズメをモチーフしにた機械生命体のイラストです。
クライアント様の要望の「可愛い感じで」を意識して
可愛い感じで描いてみました。

■手描きとデジタル
イラストの制作もデジタル化が進む中…というか
ほとんどがフルデジタルで進められている昨今
未だ手描きの水彩画をベースにした半デジタルで制作を続けています。

手描きというと大変で、デジタルというとラクというイメージがありますが
実際のところ、そんなことは全くなくて
絵を描く大変さは変わりないと思います。

ただ手描きでは、とても不可能であった描き方可能になったりして
仕上がりの技術水準は上がっているのではないかと思います。

でも、だからといってラクにかけるわけでは決してないわけです。

■パパッと描ける?
”イラストレーターあるある”で、よくブラックな編集者に
「最近はデジタルだからパパッと描けるでしょ♪」
などと言われてムカつくという話。
それは、こんなところから来るわけですね。

イラストのデジタル化が進むにつれ、その作業工程が
ブラックボックスになってしまい
描くことの大変さが見過ごされてしまっているような
そんな気がするのは私だけでしょうか。

■制作工程のご紹介
そんなわけで、今回は上記のウミスズメイラストの
作業工程を一部ご紹介いたします。
『あら、意外とカンタンね〜』などと言わず、ご覧くださいね。
結構大変なんですよ。

行程0 
●まずは、手描き行程。これは本当に筆と絵の具で描いています。

行程1
●まずは、メインとなるボディのパーツを切り抜きます。 
行程2
●目のパーツを埋め込みます。
この段階で、目もいくつかのパーツで組み立てています。
行程3
●個々のパーツを組み立てて配置します。

行程4
●パーツをボディに組み込みます。
行程5
●さらに細かいパーツを組んでいきます。
行程7
●背景の浮遊物を組み合わせます。
行程8

●各パーツの色調を整えます。
トーン調整やテクスチュアの補正などを加え完成させます。





該当の記事は見つかりませんでした。