イラストレーターのアトリエノート

イラストレーター城谷俊也のブログ。水彩画イラストで描いた作品や仕事実績をご紹介!

吉祥寺美術館の『高畠那生のなつやすみ展』

夏休み展 


■吉祥寺の街で
吉祥寺の街をぶらぶらしていて、ふと目にとまったポスター。

夏だ!だるまだ!まねきねこだ!
『高畠那生のなつやすみ展』

なんだかよくわかんない

でも、おもしろそうだ!と衝動的に入館。
(入館料も300円だし…)

■絵本原画展
こちら、絵本作家・高畠那生氏の絵本原画展
昨今、デジタルのイラストレーション全盛で
若い方など紙に絵を描くことなどない、などということを聞く中
100%手描きの原画がびっしり並ぶ様は、なかなか壮観でした。

ラフに描き流したタッチの絵ですが、その描画の表現力は素晴らしく
「達者な腕前!」と、拍手喝さいを送りたくなりました。

「上手い人が描いたラフな絵って、こういう味わいが出てくるんだよな〜」
と、一人納得しておりました。

■素晴らしい!!
それと、何より絵本としての発想が素晴らしい!
自由で楽しく愉快でのびのびとしていて
見ていて思わすほくそ笑んでしまいます。

こんな風に絵本を作れる、高畠氏の才能には
とてつもない憧れを感じてしまします。
ああ羨ましい!

私も長く絵を描くことを生業としていますが
絵本に対して憧れはあるものの、なかなかしっくりと
取り組めない自分であります。

それだけに、今回の高畠氏の展示会良い刺激をいただいたと同時に
改めて自覚しました。
「オレ、絵本向いてないな…」って(苦笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏だ!だるまだ!まねきねこだ!
『高畠那生のなつやすみ展』は、武蔵野市立吉祥寺美術館で
8月27日まで開催しています。

お近くの方は、足を運ばれてはいかがでしょうか?
(300円だし…笑)





該当の記事は見つかりませんでした。