イラストレーターのアトリエノート

イラストレーター城谷俊也のブログ。水彩画イラストで描いた作品や仕事実績をご紹介!

新しいトレース台が届く

0   0

■タブレットではなく、トレース台です!
長い間使っていたトレース台が、チカチカと付いたり消えたり
どうにも使い物にならなくなって来たので、新調致しました。

『トレビュアー A3-400』です。

トレース台1

いまだに制作行程の半分は手描きで行っている私にとって
トレース台はなくてはならない必需品。

いくら仕事が少なくなって来て、経費節減といっても
このトレース台だけは節約出来ません。

昔は厚みも10センチぐらいで中に蛍光灯が入っている
ライトボックス的なものを使用しておりました。
思えばそれも20年以上前になるでしょうか?

10年程前に新調した時のトレース台は、厚みも
2センチ程度になりそれはもうコンパクトに
なったモノだと驚きました。

■薄型コンパクト
で、今回届いてみてびっくり!
カタログデータで分かってはいたものの手に取ると
その薄さ、明るさ、軽さにびっくり。
しかも10段階に調光もできるんですね〜


トレース台2

近年のIT技術の進歩からすると、こういったものの進歩も
当たり前かも知れませんが、トレース台という
昔から使っているシンプルなアナログチックなものだけに
技術の進歩を実感します。

トレース台3

結構明るくて厚手の水彩紙のようなものに
トレースするのもバッチリ。

届いたばかりのせいか、用紙が静電気で表面に張り付いてくれて
いい感じです。(ま、これは時間と共にくっつかなくなるでしょうが…)

トレース台4

新旧の図。
手前が新しいとレビュアーです。

見た目はでは分かりにくいかも知れませんが
手に取った感覚が、大きく違います。

最近は全行程をパソコンで行う方がほとんどかも知れませんので
あまり有用な商品情報ではありませんが、
まあ、最近のトレース台って良いですよ!って言うお話でした。

これで思いっきり仕事ができるぞ〜!

という事で、どなたか仕事下さい(笑

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://shirotani79.blog76.fc2.com/tb.php/407-42ea5ffa
該当の記事は見つかりませんでした。