イラストレーターのアトリエノート

イラストレーター城谷俊也のブログ。水彩画イラストで描いた作品や仕事実績をご紹介!

『にじみ』ってナニ『水しみ』ってナニ??

0   0

しみにじみ


■専門用語は伝わらない!!
自分の作品を紹介する際の文章を、ある人に見て頂いた際

「ここに書いてある『にじみ』『水しみ』って、ナニ??
よく分かんないねぇ〜」

って、言われました。


水彩画のイラストレーターとして長く活動をして来ました。

何がウリかと言えば、水彩画独特のこの柔らかく複雑な
水と絵の具が作り出す自然のタッチ〜〜!!ということで

自身のサイトや作品を紹介するコメントなどには
『水しみ』や『にじみ』が水彩の柔らかい雰囲気をかもし出す……
などと、幾度も書いて来ました。

水彩画の雰囲気を、よりリアルに伝えるべく使っていた
『水しみ』『にじみ』という言葉が
まるっきり伝わっていなかった。

衝撃です。

痛感したのは、一般の方々と絵とかイラストに関わる専門の人々の
感じ方のギャップ!

いや、自分とまわりのギャップと言った方が良いかもしれません。
自分だけが分かった気になっていたという、恐ろしい体験でした。



■独りよがりじゃなくて…
絵を美しく描くとか分かりやすく構成するという事には
細心の注意をはらって来て来ました。

分かりやすく描いて来たつもりです。

でもこと文章や言葉に関しては、思った以上に
相手に伝えきれていない場合があったのでしょうね。

そもそも、絵を描かない人にとって『水しみ』やら『にじみ』やらは
どうでも良い話なんでしょう。
その人に取ってイラストなり何なりが
必要な要件を満たしているかどうかなんですね。

自分と絵を見て下さる方々との関係性や距離感を
ちゃんと把握しておかないとダメだな〜と
ひとしきり反省をした夏の終わりでした。




Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://shirotani79.blog76.fc2.com/tb.php/391-c5963c99
該当の記事は見つかりませんでした。