イラストレーターのアトリエノート

イラストレーター城谷俊也のブログ。水彩画イラストで描いた作品や仕事実績をご紹介!

なぜ子どものしつけには、絵本が有効なのか?

0   0

『がんばるぞ!』表紙


■『しつけ』は難しい!?
『しつけ』というと、なんかあまり気持ちのいい感じしませんよね(笑
でも、小さな子どもにはやはりちゃんと
教えなければならない事があるはずです。
オトナになり社会に出て行く中、色んなルールや
人との接し方とか考え方など。。

■絵本の読み聞かせが有効
そんな所から考え出されたのがこれらの絵本だと
実際イラストレーションを執筆した私は解釈しています。

『自分を磨く事大切さ』や
『自分の非を認めて謝る勇気を持つ』とか
『人のいい所を見つける』など…テーマごとの絵本が6冊。

大切だと分かっていても、どうやって子どもに言って
聞かせれば良いのか難しい内容が、優しい物語と絵で綴られています。

絵と物語で見る内容は、理屈ではなくイメージで伝わるので
小さい子どもにはとても有効だと思いますし
何より読み聞かせということで親と子の
コミュニケーションも生まれます。

■「がんばるぞ!』で、がんばれ!
私が担当したのは、がんばることの大切さを綴った
『がんばるぞ!』 って、そのまんまですが(笑
ただ言葉で『ガンバレ、ガンバレ!!』というより、イイかも。

絵本『がんばるぞ!』見開き


一人の男の子が、色んな事に興味を持って
色んな事にチャレンジして行くお話。
かなりストレートな内容ですが、子どもたちには絵と物語で
絵本の中の世界をイメージで感じてもらえたら嬉しいです。

登場人物の男の子が夢を描いてがんばっている様子
少しづつだけど着実に成長して行き、喜びを実感してく
ポジティブな様子などを感じ取ってもらえたらと思いながら描きました。

●こちらにも記事が紹介されています→http://www.sinkan.jp/news/index_3922.html

▶心を育てるしちだ式絵本シリーズ[ぞうさんコース]
(しちだ・教育研究所刊)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://shirotani79.blog76.fc2.com/tb.php/330-a0bcb715
該当の記事は見つかりませんでした。