イラストレーターのアトリエノート

イラストレーター城谷俊也のブログ。水彩画イラストで描いた作品や仕事実績をご紹介!

『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観てきました

2   0

今日、宇宙戦艦ヤマトの実写版『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を
観てきました。私にとって思い入れの深い作品なので
少し思いの丈を綴ってみたいと思います。

ネタばれしないように具体的な記述は避けますが
まず、ひと言でいうと『カッコイイ~~!!』って感じです。
前評判通りキムタクは全く古代進ではなかったし
黒木メイサの森雪も別人でした。だから二人の関係性や
お話の中の展開等は全く別ものに見えました。
まあ、これなこれで良しとしよう。。って感じでしたね。

でも、実写で作り込まれた『ヤマト』は本当にかっこ良かったです。
映像も奇麗でした。迫力も十分ありました。

思えば、中学生の頃はじめてTVシリーズのヤマトを観て
そのメカの描写のカッコ良さ驚いたものです。
そして何より、あの斜め45度から観る大パースのついたヤマトの姿に
心を奪われました。企画制作は西崎義展氏で、著作権の問題で
色々もめていましたが、ヤマトをあの構図であんな風に描いた
松本零士氏の功績はやはり大きな物だと私は思います。
 
そんなヤマトの姿を、今の目で見てみたかった。
最初のヤマトから30数年たって、アニメ技術も進み
映画の特撮技術もCGも進み、凄い映像になれてしまった今
あえてもう一度ヤマトを観てみたかった。
今の技術で作り込まれた映像で、スケールアップしたヤマトを観て
あの頃感じた感動をもう一度蘇らせたかった。
そんな気分を十分満足させてくれました。

あの映画は、昔アニメのヤマトを観て感動した人が
多くスタッフとして関わっているのだと思います。
その思いのような物は十分伝わって来たと思います。

また映画館に足を運んだ人は、昔テレビヤマトを観て感動して
劇場公開版に狂喜し『さらば宇宙戦艦ヤマト』で涙し
しかし、度重なる続編制作のご都合主義に憤り、
それでも、実写ならもう一回観てみようかな~なんて思った
中年アニメファン(だったひと?)なのでしょう。

あの映画は、そんなヤマトファンのヤマトに対する
オマージュ(賛辞)のようでもありました。
『やっぱりヤマトはすごい!カッコいい!!』
みんなそう思いたかったんじゃ
ないかな~って感じました。

そして、色々突っ込みどころはありましたが
実写化ということで難しい部分あったのでしょうが
ひとまずワクワクしながら2時間余りの時間を
過ごせた事に感謝したいと思います。

中学から高校にかけて、特に劇場公開後設定資料が
手に入るようになってからは、ヤマトばかり描いていました。
今イラストレーターとして仕事をしながら、
『レトロファンジー』などと言って
メカっぽいイラストを描いているいるのも
そのルーツにはヤマトがあったことは否めません。

そんな意味でも、今回の映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』は
大変感慨深い物でした。
感慨深すぎて今回のブログ、少々恥ずかしい文体になってしまった事を
ここでお詫び申し上げます(笑

チケット

オフィシャルサイト
 ↓↓ ↓↓
http://yamato-movie.net/index.html




2 Comments

管理者 says..."コメントありがとうございます"
あの女性のスキャット(ア~~ア~~~アアア ア~~ア~~~~~アアア)っていうのは、
実写版でも生きてて、なかなか良かったですよ。
より宇宙の広がりを幻想的に感じさせてくれました。
キムタクや黒木メイサの事は、あまりこだわらずに
楽しんでくださいね(笑
2010.12.08 18:37 | URL | #- [edit]
蟻ん花 says...""
ヤマト、私も観てみようと思います。
リアルタイムでアニメは観ていませんでしたが、
サントラ盤が初めて買ってもらったレコードでした。
宇宙っぽい女性コーラスが入った楽曲が子供心に好きでした。
2010.12.08 01:11 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://shirotani79.blog76.fc2.com/tb.php/206-07be2a1e
該当の記事は見つかりませんでした。