イラストレーターのアトリエノート

イラストレーター城谷俊也のブログ。水彩画イラストで描いた作品や仕事実績をご紹介!

楽しく説明すること

0   0

DVDコピー
                  
          『地デジ&DVDコピーパーフェクトガイド』(晋遊舎刊)表紙用イラスト


現在、書店などで発売されている
『地デジ&DVDコピーパーフェクトガイド』(晋遊舎)
表紙のために描いたイラストです。

中央にレトロフーチャーっぽいイメージのテレビロボット。
その画面から、これまたアナログ的に動画を表すフィルムが飛び出す。
ロボットは、そのフィルムを切り貼りして編集している。
『そんな大変そうな作業がこのDVDにラクラク収まってますよ!』って感じを
こちらの絵は、説明し表現しています。

実用的な内容の書籍などでは、このように遊びの要素を
ふんだんに交えながら、でもキャラクターの意味するものや
関係性などは確実に押さえるような表現形態をとる事が
私の場合多いです。

レトロな表現(テレビロボットやフィルム、切り貼りなど)は
表現しなくてはいけない現実の意味合いをより誇張するのに役立ってくれます。
それでいて現実の地デジテレビや編集機材などを描いても
分かりにくくなってしまう所を面白く楽しく表現できます。

イラストレーションの本来の語源は
『光を照らす』と言う意味
、つまり内容を分かりやすく
表現するということがイラストレーションの元々の役割です。
現在は、様々な上京の中でその意味合いも
もっと多義的に広がって来ていると思いますが
基本となる部分は、変わってないような気します。

今回の場合は『分かりやすく伝える』という事に加え
『楽しく』『美しく』とか『インパクトを持たせ目立たせる』
『他誌と差別化する』など様々なニュアンスを
意識ししながら制作にあたりました。

それは、具体的に求められたというよりは
クライアントとのやり取りで推し量った部分が多いです。
こういった事を押し計り意識して行く事も、
イラストレーションのクオリティーを
高めて行く重要な要因
だと思っています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『地デジ&DVDコピーパーフェクトガイド』(晋遊舎刊)
        ↓↓↓↓
http://www.shinyusha.co.jp/~top/02mook/chideji-dvd-pg.htm


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://shirotani79.blog76.fc2.com/tb.php/174-e1e77edb
該当の記事は見つかりませんでした。