イラストレーターのアトリエノート

イラストレーター城谷俊也のブログ。水彩画イラストで描いた作品や仕事実績をご紹介!

色とカタチに関するレポート

■アンモナイトを描いてみた技術評論社から発刊されている『応用情報技術者』シリーズの新しい表紙イラストレーション。今回は、アンモナイトをモチーフに描いてみました。アンモナイトと言えば巻貝の化石のイメージがポピュラーですが実際は、沢山の触手を持ったタコのような軟体動物だったようです。こんな感じ>>そんなわけで、こちらのイメージに忠実に描いてみました。■触手がキモイ!?でも、触手を沢山描いているとだんだん...
0

言われたままを絵にするっていったって、そのまま描いている訳じゃないってこと

■『SINET 5』を絵にすると…今回のネタは、『SINET 5(サイネット ファイブ)』全国の大学や研究機関を繋ぐ学術情報のネットワーク基盤が新たに100Gbpsで整備された、というお話(だそうです)いつものことですが、何だか難しそうです(汗で、担当の国立情報学研究所の教授の方に表紙イラストのアイデアを伺います。教授は、サラサラとコピー用紙にエンピツでラフスケッチを描きながら説明をしてくれます。「道路工事で、道が整...
0

鯨型飛行船で彩るトップページ

■リニューアル!オフィシャルサイトを細かく手直ししました。トップページのイラストは、新作のクジラ型飛行船!『またクジラ??』と言われるかも知れませんが…またクジラです。クジラの飛行船が、すきなんです。様々な生き物、ほ乳類から魚類、古代生物から植物に至るまであの手この手で機械化を施しイラストレーションとして描いておりますが、中でもクジラをテーマにしたものは数多く描いています。一般的なイメージの世界の中...
0
該当の記事は見つかりませんでした。