イラストレーターのアトリエノート

イラストレーター城谷俊也のブログ。水彩画イラストで描いた作品や仕事実績をご紹介!

新しいトレース台が届く

■タブレットではなく、トレース台です!長い間使っていたトレース台が、チカチカと付いたり消えたりどうにも使い物にならなくなって来たので、新調致しました。『トレビュアー A3-400』です。いまだに制作行程の半分は手描きで行っている私にとってトレース台はなくてはならない必需品。いくら仕事が少なくなって来て、経費節減といってもこのトレース台だけは節約出来ません。昔は厚みも10センチぐらいで中に蛍光灯が入ってい...
0

水彩画・水しみで濃淡を描く方法

■「水しみ」を生かそう!透明水彩画は、水でうすく溶いた絵の具の特性を生かして独特の質感を表現する事がポイントです。「しみ」といえば普通あまりよいイメージがないかも知れませんが、自然に出来る「しみ」を上手く使えば、とても雰囲気のある水彩画を仕上げる事ができます。■絵の具がかわかないうちに…画面にひたひたになるようにうすく溶いた水彩絵の具を塗りかわくまでの間に、水をたらしたり他の色の絵の具をたらしたりす...
0

3月16日は、水彩ぬりえの体験会!

■春の体験会!来る3月16日、東久留米にあるイオンモールで水彩ぬりえ講座の体験会が催されます。4月から開講を予定している『水彩ぬりえで描くはがき絵』講座下絵にそって、水彩絵の具をにじませながら「ぬりえのように仕上げていく水彩画の教室です。これに先駆けての体験会は、水彩画初心者は勿論道具などお持ちでない方も手ぶらでどなたでもお気軽に参加頂けます。本格的な水彩画を描く水彩紙に刷り込まれた下絵を水彩絵の...
0
該当の記事は見つかりませんでした。