イラストレーターのアトリエノート

イラストレーター城谷俊也のブログ。水彩画イラストで描いた作品や仕事実績をご紹介!

クライアント(=発注者)は、このイラストで何を語りたいのか?

■打ち合わせで…クライアントとの打ち合わせで『こんな絵、描いて』って、ササッと描かれたラフをもらって『わっかりました〜』ってそのまんま絵にする。元来、これはイラストレーターにとってあまり褒められた行為ではないように思われがちですよね。イラストレーター当人にとっても、いわれるがままに描かされる小間使いみたいで、プライドが許さなかったり…■提案すれば良いのか?じゃあ、『いやいや、こんなアイデアは如何ですか...
0

キカイ魚の世界〜手描き水彩画の原画〜

■手描きの『キカイ魚』最近試みている『ぬり絵式水彩画』で描くと今までは、ほぼ100%デジタル加工で仕上げていた作品が何とか、手描き原画でも仕上げることが出来るようになりました。※『ぬり式絵水彩画法』については、こちらをご覧下さい。>>まあ、あまり複雑なシチュエーションは難しいし仕事で描く場合は、やはりデータで仕上げる前提で制作した方が修正の対応など、何かと便利ではあるのですが…しかし作品の展示や販売...
0

最近の仕事実績 〜2冊の書籍カバーイラスト〜

■2冊の表紙イラスト先日と届いた2冊の見本誌です。技術評論社から出版されている『合格教本』と『過去問題集』のイラストです。このシリーズは、今までは動物をキカイ化したイラストで展開してきましたが今回から少し方向性を変え『身の回りにあるモノ』シリーズで描くことにしました。人物なども加え、よりスケール感も強調しファンタジックで楽しい雰囲気を演出出来るように工夫致しました。今回は、特に朝食という括りで巨大...
0
該当の記事は見つかりませんでした。