イラストレーターのアトリエノート

イラストレーター城谷俊也のブログ。水彩画イラストで描いた作品や仕事実績をご紹介!

空想図鑑の楽しみ方

 ■子供の頃から続く妄想癖?イラストを描くにあたって、図鑑的な表現が好きなので自由に絵を描いているとどうも図鑑っぽい表現になっていまいます。図鑑っぽいというのは、無地の画面に対象物をドーンと描くこと。割と横向きで、図版っぽい説明画っぽい描き方ということです。(かたや文芸的な表現とは、物語的な背景とか状況とかを描写する描き方というふうに私は考えています。)子供の頃から宇宙船やロボット設計図(断面...

得意分野は理科・科学!!〜イラストレーターにとって大切な事とは?〜

■自分の絵は、何に向いているのか?イラストレーターにとって受難の時代。出版不況・広告不況と言われ出して久しいどころかもはやそれが当たり前の状況として定着してしまった感のあるこの頃です。イラストレーターの主たる活動の場がことごとく萎縮して行く中それでも何とか頑張って行かなくてはいけないとなるとどうすれば良いのか?様々な事を試行錯誤するなか、やはり当たり前の事ではありますが自分自身の得意分野を明快に打...

高度な説明イラストをめざします

■クラウドソーシングとは?連載でイラストを提供している国立情報学研究所の機関誌『NII Today』の見本誌が送られてきました。テーマは『クラウドソーシング』フリーランスに格安で仕事を発注できる、あれではありません(笑まあ、もともとの意味としては同じなんですが。本来『クラウドソーシング』とは、不特定多数の人々(=群衆)からの寄与をつのり、必要としているサービスやコンテンツを得る手段や概念。例えば、気象情報。...
0
該当の記事は見つかりませんでした。