イラストレーターのアトリエノート

イラストレーター城谷俊也のブログ。水彩画イラストで描いた作品や仕事実績をご紹介!

今週の水彩ぬりえ講座は『コスモス』

■コスモスのポイントとは…月2回のペースで行っている『水彩ぬりえ』の講座ですが今回は、会場の関係で一週間早まり、2週続けての開催になります。先週は夏野菜の組み合わせをを皆さんに塗って頂きましたが今回は、いよいよ夏も終わり9月の開講という事でちょっと秋らしく『コスモス』をメインテーマに選んでみました。コスモスは、中心の方が色が濃く、外側に行くにしたがって淡くなって行く様子をうまく水ぼかしで表現出来るか...

水彩絵の具でヒマワリを塗ってみる

■『水彩ぬりえ』講座開講中!荒川区の老人福祉センターで開講をさせて頂いている『水彩ぬりえ』の講座も今回で3回目を迎えます。下絵を印刷した水彩紙に透明水彩で色を付けて行く「ぬりえ」の講座です。通常の水彩画を描く際の、むずかしいデッサンの過程をはぶきにじみやぼかし等の水彩絵の具の独特の風合いを楽しみながら絵を仕上げる楽しさを味わって頂きたいという思いで講座を進めさせて頂いております。使用する水彩紙はワ...

水彩画・水しみで濃淡を描く方法

■「水しみ」を生かそう!透明水彩画は、水でうすく溶いた絵の具の特性を生かして独特の質感を表現する事がポイントです。「しみ」といえば普通あまりよいイメージがないかも知れませんが、自然に出来る「しみ」を上手く使えば、とても雰囲気のある水彩画を仕上げる事ができます。■絵の具がかわかないうちに…画面にひたひたになるようにうすく溶いた水彩絵の具を塗りかわくまでの間に、水をたらしたり他の色の絵の具をたらしたりす...
0

3月16日は、水彩ぬりえの体験会!

■春の体験会!来る3月16日、東久留米にあるイオンモールで水彩ぬりえ講座の体験会が催されます。4月から開講を予定している『水彩ぬりえで描くはがき絵』講座下絵にそって、水彩絵の具をにじませながら「ぬりえのように仕上げていく水彩画の教室です。これに先駆けての体験会は、水彩画初心者は勿論道具などお持ちでない方も手ぶらでどなたでもお気軽に参加頂けます。本格的な水彩画を描く水彩紙に刷り込まれた下絵を水彩絵の...
0

HOW TOイラストを描いてみた

■女性雑誌のHOW TOイラスト空想機械モノや和風年賀状をご紹介知ることが多いこちらのブログですが、今回は珍しく(笑)女性雑誌からの依頼でHOW TOイラストを描く機会を頂きましたのでご紹介。■昭和レトロ風テーマが『おばあちゃんの知恵袋』水彩画のレトロな雰囲気で描いてほしいとの事でした。登場する女性も『昭和を感じさせる雰囲気で…』とのこと。とはいいつつも割烹着のおばあちゃんというのも女性誌としては何なのでまあ、...
0
該当の記事は見つかりませんでした。