イラストレーターのアトリエノート

イラストレーター城谷俊也のブログ。水彩画イラストで描いた作品や仕事実績をご紹介!

機器メーカのカレンダーイラストで評価を得たワケ

■カシオ計算機のカレンダー今更感満載ですが、本年度のカレンダーイラストのお仕事をご紹介します。(すでに1月・2月も過ぎておりますが、ご容赦くださいませ。)こちらは、カシオのオリジナルカレンダー『ユニーク日本歳時記』『和』のテイストをベースに独自の発想を展開するといったまさにユニークなコンセプトのカレンダーとなっております。■門松と雪だるまを中心に描いた未来メカ1月は、門松とお正月遊びの道具をレトロな...

『空飛ぶ機械プレシオサウルス』でかざるトップページ

 ■オフィシャルページ画像を更新こちらは先だって某出版社の書籍カバー用に描き下ろしたイラスト。たくさんの魚群の中を飛ぶ古代生物『プレシオサウルス』をイメージしました。オフィシャルページのトップ画像にアレンジしてみました。かねてより、機械の魚や古代生物をテーマにシリーズ化されているお仕事のイラストなのですが、長くというか数多く描いていくとおのずと次に何を描くか…つまりネタを探すのが難しくなってきま...

透明水彩絵の具の使い方〜いろはの『い』〜

■まず最初に…透明水彩絵の具の使い方で、一番最初にお話をするのは「絵の具をパレットに出して、固めてから使う」ということ。なぜなら、透明水彩は基本的に絵の具を薄く溶いて使うからです。不透明な水彩絵の具、アクリルガッシュやポスターカラーなんかはべっとり筆に取ってベタベタ塗っていってもOKですが透明水彩絵の具は、絵の具を水で溶かしてひたひたの絵の具水にしてから塗っていきます。したがって、絵の具がチューブから...

レントゲン写真の原理について考えた

■専門家が見るイラスト国立情報学研究所の広報誌『NII Today』の表紙イラストを描いています。今回のテーマは、”ITと医療”毎回クライアントの意向に沿って、わかりやすく楽しく伝えられるように頑張って描いています。このイラストは、見る人が学術関係の専門家ということもあり毎回様々な部分に配慮して描くことを要求されます。今回のポイントになったのは画面中央に位置する『レントゲン写真』本来、透明水彩でレントゲン写真を...

2019年カレンダー完成!〜ハンドメイドサイトの楽しみ〜

■2019年カレンダーができました!毎年作成している機械の魚を集めたカレンダーの2019年度版が早くも完成しました。今年は、A3ノビ縦長のポスターカレンダーにしてみました。最新作のキカイ・ロブスターを加え20体の機械仕掛けの海洋生物がみっちり描かれています。■クリーマで発売中こちらのポスターカレンダーは、毎年マーケットプレイス『クリーマ』や『ミンネ』にて発売しているのですが、毎年たくさんの方々にご利用いた...
該当の記事は見つかりませんでした。