イラストレーターのアトリエノート

イラストレーター城谷俊也のブログ。水彩画イラストで描いた作品や仕事実績をご紹介!

ドローンフィッシュと機械の魚の違いについて

■機械の魚発見!近年、機械の魚を好んで描いておりますが最近は、こんなものがあるということを知りました。ドローンの魚=まさに機械魚ではありませんか!私の描く機械の魚は、レトロで無骨でさびたようなテクスチュアの泥臭いものですが、こちらはなんともスッキリとしたデザインで動きも可愛くて多くの人に愛されそうたキャラクターですね。なんだか『これぞ本物登場!!』といった感じで気恥ずかしい感じさえします。まあ、向...

機械王国のアートポスターができました!

■暗黒浮遊都市を取り囲む機械仕掛けの魚今まで描いて来たキカイ魚の世界ですが、今回さらにキカイ魚の棲息する世界観をイメージした『浮遊都市』を加えより広がりのある世界を表現しました。色調も落としてより怪しいくも不思議な世界観を感じて頂ければ幸いかと。マーケットプレイス[ Creema ]で発売開始致しました。https://www.creema.jp/item/4047733/detail...

キモカワイイ? チョウチンアンコウを描いてみた。

今回技術評論社から出ました『応用情報技術者ポケット攻略本』の表紙イラストは、キモカワイイ深海魚『チョウチンアンコウ』のキカイ魚を描いてみました。https://www.amazon.co.jp/dp/4774185078実際見るととてもグロテスクな魚なんですが、描いてみるとなかなかチャーミング(←死語?)です。自画自賛ながらとても気に入った出来栄えなのでマーケットプレイス・クリーマにもアートポスターとしてリメイクして出品いたしました。&...

言われたままを絵にするっていったって、そのまま描いている訳じゃないってこと

■『SINET 5』を絵にすると…今回のネタは、『SINET 5(サイネット ファイブ)』全国の大学や研究機関を繋ぐ学術情報のネットワーク基盤が新たに100Gbpsで整備された、というお話(だそうです)いつものことですが、何だか難しそうです(汗で、担当の国立情報学研究所の教授の方に表紙イラストのアイデアを伺います。教授は、サラサラとコピー用紙にエンピツでラフスケッチを描きながら説明をしてくれます。「道路工事で、道が整...
0

イラストレーション雑誌dpi(台湾)に掲載されました

■台湾のイラストレーション雑誌dpiでインタビューこの度、台湾のイラストレーション専門誌『dpi』よりインタビューの依頼を頂きました。dpiは、1998年創刊した、イラストレーション全般の情報を取り扱う月刊誌で、台湾のみならず国内外からも高い評価を受けている雑誌とのこと。拝見すると様々な国の作家が特集テーマに添って掲載されており非常に見応えのある高いクオリティの雑誌である事がわかります。私の掲載された特集テーマ...
0
該当の記事は見つかりませんでした。