イラストレーターのアトリエノート

イラストレーター城谷俊也のブログ。水彩画イラストで描いた作品や仕事実績をご紹介!

侵入者はピエロのイメージで

■サイバーセキュリティがテーマ国立情報学研究所が発刊している『NII Today』という広報誌の表紙イラストを、毎回描かせて頂いています。今回は、『サイバーセキュリティー』がテーマ。砦に侵入しようとしている不審な侵入者を門番が遮っているという状況。侵入しようとしているキャラクターはすでに指名手配されていることは、砦の壁に貼られている手配ポスターで表しています。しかしながら、侵入者は自分の素顔がわからないよう...

プラモデルみたいな感じで描いています

■水彩プラモデル?イマドキの子供達は、ゲームで遊ぶのでしょうが私の世代、インドアの遊びといえばプラモデル。基本的に絵を描いたり工作を作ったりするのが好きだったのでプラモデルは、よく作りました。だからでということでもないのですが最近イラストを描いていて「まるでプラモデルだな〜」とよく感じます。一つ一つを構成する要素をバラバラに描くのは一枚の絵で描くよりキレイに仕上がるから。プラモデルで、パーツを削っ...

キモカワイイ? チョウチンアンコウを描いてみた。

今回技術評論社から出ました『応用情報技術者ポケット攻略本』の表紙イラストは、キモカワイイ深海魚『チョウチンアンコウ』のキカイ魚を描いてみました。https://www.amazon.co.jp/dp/4774185078実際見るととてもグロテスクな魚なんですが、描いてみるとなかなかチャーミング(←死語?)です。自画自賛ながらとても気に入った出来栄えなのでマーケットプレイス・クリーマにもアートポスターとしてリメイクして出品いたしました。&...

むずかしい内容をイラスト化した実例

■サイバーフィジカルシステムって、なに??CPS(サイバーフィジカルシステム)って、聞き慣れない言葉ですね〜情報技術関連の専門用語なのですが…「現実の世界にあるデータをセンサー等で集め、サイバー空間でデータ処理を行い、様々な問題の解決するシステム」だそうです。。この内容を絵にするのが今回のお仕事でした。国立情報学研究所の発行している機関誌『NII Today』の表紙に使うイラストレーションです。■むずかしい状況を...

イラスト制作の現場!!クライアントからのむずかしい修正の依頼

■イラストレーションの役目イラストの仕事を請け負う場合、クライアントの望むメッセージをより分かりやすく伝える事が、イラストレーターとしての最も重要な役割だと思います。「こういった絵柄は説明的だから良くないですよ〜」とか「絵的にまとまりませんよ〜」などとは言えません。だって、こういった絵柄のイラストが描いてほしいって言われている訳ですから。それをふまえて、いい絵描いて行かなくてはいけません。そこがプ...
0
該当の記事は見つかりませんでした。