イラストレーターのアトリエノート

イラストレーター城谷俊也のブログ。水彩画イラストで描いた作品や仕事実績をご紹介!

フレークシールの第2弾が完成!

 ■新しいシールセットフレークシールの第2弾が完成しました!今回も8枚組・ポストカード1点つきのセットでクリーマをはじめとしたマーケットプレイスで販売をいたします。今回はザトウクジラやダツなど横に長い大きなサイズのシールも含まれていて、前回のものとはちょっと違った雰囲気も楽しんで頂けるかと思います。ラインアップは以下のとおり。キカイ・ウミスズメキカイ・シードラゴンキカイ・メンダコキカイ・マンタ...

2018年機械仕掛けの海洋生物カレンダーです

■2018年版ポスターカレンダー毎年恒例のポスターカレンダーの2018年版です。ハンドメイドの通販サイトの『クリーマ』や『ミンネ』で販売好評をいただいております。この手のハンドメイドサイトの利用者はほとんどが女性で雑貨やアクセサリーが中心なのですが、意外なことに「子供が魚好きだから…」とか「息子が古代生物が好きなので…」などというコメントなども多く頂いています。以前、絵本関係者の方に私のこのタイプの...

夢見る飛行機械

■幼い頃からの夢空を飛ぶ夢というのは、自由になりたい願望を象徴しているといいます。 自分を縛る現状から抜け出して、思いのままに羽ばたけたら どんなに気持ちがいいだろう。  私は、幼い頃から模型飛行機が好きで お小遣いやお年玉の大半は、模型の材料に消えていました。 ゴム動力でプロペラを回すものに始まり 模型のモーターや固形燃料を燃やすジェットエンジンやUコンなどなど 手の届くありあらゆるものを作...

ジブリ美術館と私の起源

■ジブリ美術館に行ってきた先日、あの有名な『三鷹の森ジブリ美術館』を訪れました。現在の三鷹市に移り住んで10年ちょっとになりますが、初の試み。気にはなっていたのですが、予約を取る面倒臭さでなかなか思い切れず、今日に至っておりました。ジブリ美術館といえばその昔、美術館がオープンする際『ジブリ紙の美術館』という絵本のお仕事でイラストを描かせて頂いたことがあり、その時に制作担当の方々とちょこっと見学させ...

空想図鑑の楽しみ方

 ■子供の頃から続く妄想癖?イラストを描くにあたって、図鑑的な表現が好きなので自由に絵を描いているとどうも図鑑っぽい表現になっていまいます。図鑑っぽいというのは、無地の画面に対象物をドーンと描くこと。割と横向きで、図版っぽい説明画っぽい描き方ということです。(かたや文芸的な表現とは、物語的な背景とか状況とかを描写する描き方というふうに私は考えています。)子供の頃から宇宙船やロボット設計図(断面...
該当の記事は見つかりませんでした。